「お金を持ってる人の所にお金は集まる」なぜこうなるのか説明します。

どうも!DaiChi(@DaiChi_Get)です。

 

皆さんも一度は耳にした事があるのではないでしょうか?

 

お金を持ってる人の所にお金は集まる」と。

 

この資本主義という世の中は勝ち組が、更に勝ち進んでいく仕組みになっています。

 

具体的にどういう事なのか今回はお話ししていきます。

 

僕のLINE@では、「お金を持っている」側に入る為の方法も配信していますので是非登録してください!

いくら持ってたらお金持ちなの?

お金持ち」ってどこからが、お金持ちなのか気になりません?

一応、野村総合研究所(NRI)が2018年12月に発表した「2017年の純金融資産保有額別世帯数と資産規模についての推計」では、以下のような階層でマス層から超富裕層までが定義されています。

 

  • 超富裕層:世帯の純金融資産保有額が5億円以上
  • 富裕層:世帯の純金融資産保有額が1億円以上5億円未満
  • 準富裕層:世帯の純金融資産保有額が5000万円以上1億円未満
  • アッパーマス層:世帯の純金融資産保有額が3000万円以上5000万円未満
  • マス層:世帯の純金融資産保有額が3000万円未満

 

このように定義付けられています!

世界の超大富豪〇〇人は世の中の半分のお金を所有している

全世界のお金の所有率がどのようになっているかというと、

「世界のトップ80人の超大富豪が、全人類の下位半分、すなわち36億人と同額の資産を持っている」

 

たったの80人vs36億人で同額の資産ってやばいですよね(笑)

 

現在、世界の総資産額ランキングのトップは、マイクロソフト創業者、ビル・ゲイツ氏の約9兆1000億円だそうです。

 

そして、富裕層と貧困層の差は今後更に開くと言われています。

どうやってお金持ちになるのか

結論から話すと、「労働」していてはお金持ちにはなれません。

でも、最初は「労働」してお金を生み出す方が良いです。

 

一概に「労働」と言っても、様々な方法がありますね。

「会社員」「アルバイト」「自営業」全て労働ですが、効率の良いもの、悪いものが存在します。

 

更に深掘りすると、「会社員」では月に貰える金額に上限がありますよね。

いくら貰えるのか人それぞれですが、会社に雇われている以上「上限」が存在します。

 

一方、「自営業」「個人事業主」だと月に稼げる金額に「上限」がないですよね?

 

この上限があるか、ないかはとても重要なのは言うまでもないと思います。

 

なので、僕は「会社員」から「個人事業主」を目指して効率よくお金を稼ぎたいので、会社員をしながらアフィリエイトに取り組んでいるのです。

お金を使ってお金を稼ぐ

「労働」で稼いだお金をただ貯めるだけでは、いつまで経っても変わりません。

次にやるべき事は「お金」を運用して「お金」を稼ぐという事。

 

具体的には、「株式」「積立投資信託」「不動産投資」などなど様々な方法がありますが「投資」するべきです。

 

ここで得られる収入は「不労所得

これが増えると、自分の「時間」も増えて行くと思います。

まとめ

ある程度まとまった「お金」を持つとそれを「運用」する事で勝手にお金が増えていく仕組みを作れます。

 

例えば、100万を年利3%で運用したら1年後には103万になります。

 

これが1000万の場合1年後には1030万

 

ちなみに、安定して月100万の不労所得を得るには4億の資産運用が必要らしいです。あくまで目安ですが!

 

普通の会社員してたらとても目指せない額ですね。

 

勝ち組が更に勝ち続ける仕組みがわかったでしょうか?

たくさん稼げば、それを「運用する事で更に稼ぐ」これの繰り返しでどんどんお金は集まって来るんです。

 

僕のLINE@では0から1を作る方法を配信しています。

 

資産形成を学びたい方はこちらのLINEを追加してください!

人気記事必ず読んで欲しい記事5選!

関連記事今からでも遅くいないライバル皆無のアフィリエイト手法とは

【LINE限定】4つの無料プレゼントを受け取ろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です